まつ毛美容液の効果と副作用

長いまつ毛というのは、瞳を印象的に演出する事ができるうえ、目元によっての顔の印象は大きく変わるため、長いまつ毛を手にしたいという女性は沢山います。 まつ毛を長く見せるため、普段であればメイクなどにより、目元をアピールする方法などが存在します。

さらに、下まつ毛も長く見せることによって、全体的に小顔に見えるようなメイクや、目そのものを縦長に見せるようなメイク方法もあります。 具体的な方法としては、マスカラを塗ってまつ毛を太く、濃く見せる方法などです。また、つけまつ毛というのもよく利用される方法のひとつです。作り物のまつ毛を貼り付けることで固定するものなどあります。

まつ毛メイクにより、顔のイメージを変化させることが実現可能ですが、忙しい生活の中、毎日まつ毛のメイクをするには時間も多くとられるため、結構大変な作業です。そのため、自分自身のまつ毛そのものをのばしてしまおう!という考えで、まつ毛の育毛剤が販売されています。特にまつ毛の育毛や発毛効果が高いものとして ルミガンというまつ毛の育毛剤があります。

元々ルミガンとうのは、緑内障の点眼液として開発されたものです。プロスタグランジン関連であるビマトプロストという有効成分を含んでいます。

プロスタグランジンとはエイコサノイドという生理活性物質のひとつで、眼に対して眼圧を低下させる作用があります。

緑内障になってしまうと、眼圧が高くなってしまうため、視神経を圧迫するなど視神経に影響を及ぼす場合があります。 そうなると、視神経の機能に障害を出て、視野が狭くなってしまったり、最悪の場合失明してしまう恐れのあるものです。それらの症状の治療のため、ルミガンはプロスタグランジン製剤の機能として、眼房水の流出を促進することにより、高くなった眼圧を低下させるという目的で使用されておりました。

そして、それらの治療として使用していた患者のまつ毛が異常に伸びたり、色素沈着の影響で、色が濃くなるなどの症状がでたため、その後、まつ毛に対する効果について研究され、まつ毛の美容目的としてもルミガンが用いられるようになりました。

ルミガンをまつ毛への美容目的のため使用する場合、点眼ではなく、まつ毛の根元に塗る形で使用します。まつ毛が伸びるという効果の他にも色素沈着という作用があるため、塗る位置や量を誤ってしまうと、まつ毛の根元以外の皮膚に触れてしまい、その部分が茶色く色素沈着を起こしてしまう場合もあるため、使用の際はご注意ください。もしも不安な場合は、医師および薬剤師などに相談し指導の下利用してもよいでしょう。